子供の近視回復

子供の視力回復法としてメガネやコンタクトレンズでの矯正が一般的だが、正しい知識がないと、本当の意味での子供の視力回復は難しい。視力低下の原因は?視力矯正や視力回復の方法はどんな方法があるのか。子供の視力のために正しい知識をぜひ身に付けて頂きたい



<< 子供の視力回復法-眼鏡の利用法 | 子供の視力top |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
子供のコンタクトレンズ
日本では赤ちゃん子供、老人を含めてコンタクトレンズ使用者が1000万人を超えている。
この数字は10人に1人はコンタクトレンズを使用しているという事になる。
ここまでコンタクトレンズが普及した背景には、メガネ(眼鏡)より装着に違和感がなく、スポーツをする若者や外観を気にする若い女性に受け入れられた事が一番の原因だが、一部、メガネ(眼鏡)よりコンタクトの方が眼にいいという間違った認識が広まっているのも事実である。特に外観を意識する女子中高生に多い。
*メガネ(眼鏡)よりコンタクトの方が目にいいという医学的根拠はありません。
通用、メガネ(眼鏡)は、メガネ屋で直接購入できるが、コンタクトレンズは高度管理医療機器なので医師の処方箋なしには作れない。つまり目に与える影響が大きい(悪く言えば、眼鏡より目によくない)ため、個人の勝手な判断では作れないのである。
またメガネはかけていても、レンズ以外のところを通して見ることができるため、自分の目でピントを合わせる瞬間もあるが、コンタクトレンズの場合、目に入ってくる視野はすべてコンタクトレンズを通して見ることになるので、それだけ自分の目のピント調節をする筋肉は全く使わないことになる。目のピント調節を行う筋肉にギブスをはめてしまっている状態である。コンタクトレンズを終日装着し続けることは、1日中目のピント調節の筋肉を使わないことになるので、近視の進み方は、メガネに比べて何倍も早くなる。
最近では酸素透過性の優れたコンタクトレンズも開発されているが、それでも裸眼よりは
当然酸素不足になり、目の細胞を死滅させてしまう事が多々ある。当然ながら、1度死滅してしまった目の細胞は二度と再生されることはないため、コンタクトレンズを装着したまま寝たり、何日も洗浄しないで使用したりしていると、本当に取り返しの効かないことになってしまう。コンタクトレンズは高度管理医療機器だという認識を持ち、取り扱いには、十分ご注意して頂きたい。
| 子供の視力回復 |
スポンサーサイト
| - |
子供の視力 記事
子供の視力 カテゴリー
+ ARCHIVES
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ