子供の近視回復

子供の視力回復法としてメガネやコンタクトレンズでの矯正が一般的だが、正しい知識がないと、本当の意味での子供の視力回復は難しい。視力低下の原因は?視力矯正や視力回復の方法はどんな方法があるのか。子供の視力のために正しい知識をぜひ身に付けて頂きたい



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
子供の近視の現状
子供の近視の現状は深刻で近視による視力低下は、近年深刻な社会問題(現代病)になっている。子供の近視の原因としてはDSのやりすぎ、液晶テレビの見すぎ、パソコンの過度の利用による視力低下等が考えられている。
子供の頃からメガネをかけさせるのはとても可哀相ですが、今では子供の近視で眼科に通っている子供が沢山いる、というのが悲しい現実である。近視の治療には、メガネやコンタクトレンズの装用が一般的だが、最近は、レーシック手術という近視(視力回復)治療があり効果を得ている。しかしレーシック手術は20歳未満の子供や、子供の頃から弱視の人、高齢、妊娠・授乳中、角膜が極端に薄い人、目の病気がある人などは、レーシック手術の適応外となっている。

近視は、成長期にある小・中・高校生に多く見られる。何らかの形で勉強に支障が生じるとされる裸眼視力1.0未満の子供はは、小学校で25.8%、中学校で49.8%、高校では62.7%にのぽり、いずれも過去最悪の数字となっている。通常、近くのものを見る時には、目玉の内部にある水晶体の屈折力を強くするために水晶体をふくらませる。ところが、その状態を長く続けると、水晶体をふくらませている毛様体の筋肉が緊張し、遠くを見ても元に戻らなくなる。
近視の回復の近道は早期発見・早期治療が重要である。子供の近視は親もあまり気づかず、子供のほうも目が悪くなったのかな程度で、近視になっているのを見逃すことが
少なくない。なので近視でも、できるだけ早く視力回復のための「治療」を受けることが大切となる。そして、「治療」を受ける時期が早ければ早いほど、確実に回復するのが近視なのである。
その子供の近視をできるだけ早く発見するには、何といっても子供に一番身近な存在である母親の役割が重要である。近視の状態かどうか、早期に発見する簡単な方法がある。
まず、母親自身の視力を正確に測定、次に自分の視力と子供の視力を比較し、しっかりと見えているかどうかを確認する。
子供が目を細めているようなら要注意。これは鮮明に見えないものに対して、無意識的にピントを合わせようとしている状態なので、軽い近視を疑ったほうがよい。もし、子供が目を細め加減にして母親の視力(仮に0.8とする)と同じくらいなら、確実に近視の状態へ進んでいる可能性もある。
自分の子供が近視と言われたり、その疑いがあると「メガネでの矯正を・・・」と思う人が多いが、メガネでの近視矯正は慎重にしなければならない。
近視であっても、早い時期に適切に処置をすれば視力は回復する可能性がある。それなのに、いきなリメガネをかけてレンズによる調節能力に頼ってしまうと、まだ眼が持っている調節能力を失わせる結果となる。ですから、もし早い段階で近視とわかったら、安易にメガネでの近視矯正という方法を選ぶのではなく、遠くを見る習慣(望遠訓練)をつけたり、毛様体節の緊張を緩めるための治療器などを用いて、視力回復こ努めてみるのも選択肢の一つである。その他、栄養のバランスのいい食事(特にカルシウムを豊富に)と、
十分な睡眠、明るくて目に優しい環境づくりなども大切なポイントとなる。
| 子供の視力 |
子供の視力回復法-生活習慣の改善
・遠くを見る生活習慣習慣
現在の子供の生活環境は近くを見る機会が多く、遠くを見る機会が少ない。そのため、遠くを見るという遠方調節機能の働きが以前より弱くなっているのが現状である。従って子供の視力回復法としては、この生活習慣を意識的に身につける工夫が必要となる。本来、
これは子供だけでなく大人もいえることだが、自分の目に対する気配り、遠くを見る習慣を身に付けることが自分自身の「目の健康体操」につながり視力回復の第一歩となる。

・目に負担のかからない生活習慣
目のピントを合わせる働きをしているのが水晶体とそれを支えている毛様筋である。
近くを見続けることで毛様筋は緊張し、水晶体は厚く膨らんだままの状態になる。この状態が近視で、目に大きな負担となる。つまり、勉強、読書、デスクワーク等の近方視が、目に負担をかける原因となっている。このように、近くを見る時の距離と目にかかる負担には大きな関連性がある。視力回復訓練もここに注目して行う。つまり「近方視の合間に遠方視をする」習慣を身につけることが大切なのである。
これが目の負担を軽くする最善の方法で、誰でもできる簡単な視力回復法である。これが
視力回復訓練の第一歩である。

・姿勢の矯正
姿勢が悪いと目と見えるものとの距離が近くなり、余分な目の調節をしなくてはならない。また、肩こり、頭痛、疲れやすい等の諸々の点でも良くない。視力回復には姿勢の矯正など習慣の改善が欠かせない。子供の場合でも、日頃から姿勢を正す習慣を付けることが重要となる。
| 子供の視力回復 |
子供の視力回復法-眼鏡の利用法
子供だけに限ったことではないが、視力回復法にとって眼鏡の使い方は、軽視できない大切な問題である。子供の視力回復にむけて正しい眼鏡の使い方を理解して頂きたい。近視眼鏡は、あくまでも「遠くがよく見える」ようにかける眼鏡で、近くを見るためのメガネではない。視力0.1までの中程度の近視では、裸眼で遠くを見るときはボケますが近く(30〜40cm)は楽に見えるはずである。つまり、勉強、読書などの近業には裸眼で十分なのである。また、強度近視(0.1以下)の人で、裸眼だと近くさえも見えづらい人でも、近くが楽に見える範囲のゆるいレンズの方が目には良いということになる。子供の視力回復には、このような正しい知識を理解する必要がある。

・誤った眼鏡の利用法
「眼鏡をかけたりはずしたりすると目に悪い」といった言葉をよく耳にするが、これは前述の理由から全くの誤りである。逆に、視力低下を早める原因にもなる。但し、強度近視の人、乱視の強い人、遠視の強い人はまた状況が異なるので眼科医等に相談して見ることをお勧めする。いづれにしろ誤った眼鏡の使い方は、視力回復にとって大きな阻害要因となる。

*子供の視力回復にとって大変重要なポイント
近くが裸眼で楽に見えている状況であれば、近くを見る時は眼鏡をはずす。強度近視で、近くが裸眼では見えにくい人は、遠くを見る眼鏡と近くを見る眼鏡を上手に使い分ける。(遠くがよくみえる眼鏡で近くを見ると度数が強すぎることになり目の負担が大きくなる)
| 子供の視力回復 |
子供の視力 記事
子供の視力 カテゴリー
+ ARCHIVES
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ